読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UE4初心者が頑張ってるブログ

Unreal Engine4を使用した開発メモ、及びそれに関連することについて不定期に書いています。

UE4 多分一番簡単なヒットエフェクトの作り方

Material UE4 Particle Effect

去年あたりからゲームジャムによく参加している気がします。

その際に有料アセットでは雰囲気に合わず、

自分で作るにも時間がかかりそうということがよくあります。

 

そんなときに私が手抜きでつくるパーティクルのメモです。

 

4.13.2で作成していきます。

f:id:MozPaca:20161206120603p:plain

 

補足

今回はStarter ContentsのAssetを使用します。

既存プロジェクトなどでStarter Contentsを入れていないという方は

左下のAdd NewからAdd Feature or Content Packを選択してください。

f:id:MozPaca:20161218205118p:plain

 

次にContents PacksタブからStarter Contentsを選択後、

Add to Projectをクリックしてください。

f:id:MozPaca:20161218205249p:plain

これで現在のプロジェクトにStarter Contentsが導入されます。

 

準備

このプロジェクトでは、FPSテンプレートを使用しています。

FPSテンプレートでなくても全然問題ないです。

f:id:MozPaca:20161218204620p:plain

 

今回はこのテクスチャを使用します。

Starter Contents→Textures→T_Spark_Core

f:id:MozPaca:20161218205602p:plain

Starter ContentsのSparkパーティクルに使用されているテクスチャです。

 

 マテリアルを作成する

先ほどのT_Spark_Coreを使用してマテリアルを作成します。

右クリック→Materialを選択します。

f:id:MozPaca:20161218210546p:plain

 

マテリアルに適当な名前を付けましょう。

f:id:MozPaca:20161218210744p:plain

 

作成したマテリアルを開き、

Blend ModeをAdditive

Shading ModelをUnlitにします。

f:id:MozPaca:20161218210759p:plain

 

Texture SampleノードにT_Spark_Coreを割り当て、

Particle Colorと乗算しつつ、このようにつなげます。

f:id:MozPaca:20161218210910p:plain

マテリアルはこれで完成です。

 

パーティクルを作成する

次にパーティクルの作成を行います。

右クリック→Particle Systemを選択します。

f:id:MozPaca:20161218211132p:plain

 

名前は適当に。

f:id:MozPaca:20161218211355p:plain

 

作成したパーティクルを開いてください。

初期の状態ではこのようになっていると思います。

f:id:MozPaca:20161218211446p:plain

 

パラメータを編集する

右側のパラメータを編集します。

Initial Velocityを削除し、

Initial Rotation、Light、Size By Lifeを追加しましょう。

f:id:MozPaca:20161218211520p:plain

 

Requiredを選択し、先ほどを作成したマテリアルを選択します。

f:id:MozPaca:20161218211833p:plain

 

Emitter Loopsを0から1に変更します。

f:id:MozPaca:20161218211704p:plain

 

次にSpawnパラメータを編集します。

Rateを大体300前後にします。

実際に動かしてからまた微調整するので、少し大きくします。

f:id:MozPaca:20161218211753p:plain

 

Life Timeパラメータの編集をします。

min 0.05秒、max 0.1秒に設定します。

f:id:MozPaca:20161218212313p:plain

 

最後にInitial Sizeパラメータの設定をします。

大きさは1000にしました。(画像は100ですが)

今回は分かりやすくするために大きくしましたが、

通常であれば300ほどで十分だと思います。

f:id:MozPaca:20161218212452p:plain

あとは、環境に合わせてパラメータを変更してください。

また、Color Over Lifeのパラメータを変更することで、

パーティクルの色を変えることも可能です。

 

パーティクルを発生させる

とりあえず、弾が何かにぶつかった際に発生させようと思います。

FirstPersonBP→First Person Projectileを開いてください。

f:id:MozPaca:20161218212730p:plain

 

Event HitからSpawn Emitter at Locationで

先程作成した、パーティクルを発生させます。

f:id:MozPaca:20161218213018p:plain

 

見てみる

全体的にパーティクルパラメータを微調整しています。

www.youtube.com