読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UE4初心者が頑張ってるブログ

Unreal Engine4を使用した開発メモ、及びそれに関連することについて不定期に書いています。

UE4 地面の種類を判別して再生する

UE4の足音の再生に関しては

たくさんの方がブログなどに既に書かれていますが、

私が普段書いている処理を少し書きたいと思います。

 

詳しい処理の内容が知りたい方はこちら

pafuhana1213.hatenablog.com

 

ではやっていきます。

 

準備

今回はUE4 4.14.3を使用します。

f:id:MozPaca:20170128012413p:plain

 

プロジェクトを作成し、

Third Personテンプレートで起動します。

 

使用するファイルはこちらです。

f:id:MozPaca:20170130114239p:plain

f:id:MozPaca:20170130114250p:plain

f:id:MozPaca:20170130114300p:plain

同じ種類の地面につき8種類の音声ファイルを用意しました。

 

わかりやすい地面を作成する

※これはしなくていい作業です。

 ブログを見やすくするために作成しました。

 

BSPを適当なサイズでStatic Meshにし、

適当なCollisionをつけています。

f:id:MozPaca:20170130120019p:plain

 

そして、適当に並べてStarter Contentsの中にあった

それっぽいマテリアルを適応します。

f:id:MozPaca:20170130120103p:plain

左から「土」「フローリング」「水溜まり」です。

 

Sound Cueファイルを作成する

Sound Cueファイルはこんな感じになっています。

f:id:MozPaca:20170130114836p:plain

 

地面の種類に応じて8種類の音からランダムで選択再生します。

f:id:MozPaca:20170130114858p:plain

 

Randomノードの先には

Int Parameter 「GroundType」を持った

Switchノードがあります。

このノードで次のPhysical Surfaceと紐づけをします。

f:id:MozPaca:20170130115006p:plain

 

Physical Surfaceを設定する

Project設定を開き、左側のPhysicsを選択します。

そのページの下の方にあるPhysical Surfaceの設定を行います。

Surface Typeに判別したい地面の種類を書き込んでいきます。

f:id:MozPaca:20170130115153p:plain

Sound CueのSwitchノードにつないだ、

音と同じ順番になるように記述してください。 

 

Physical Materialを作成する

コンテンツブラウザを右クリック

Physics→Physical Mterialを選択します。

f:id:MozPaca:20170130120329p:plain

 

Physical Materialを選択し、Selectを押します。

f:id:MozPaca:20170130120443p:plain

 

Physical Materialを必要分作成し、

それぞれこのような名前をつけました。

f:id:MozPaca:20170130120541p:plain

 

Physical Materialを開き、先ほどProject設定で

作成したSurface Typeを適応していきます。

f:id:MozPaca:20170130120530p:plain

PM_WoodならWood、

PM_WaterならWaterという感じです。

 

作成したPhysical Materialをそれぞれの地面に設定します。

レベルに配置してあるMeshを選択し、

Phys Material Overrideに適応したいPhysical Materialを設定します。

f:id:MozPaca:20170130120826p:plain

 

処理を書く

私自身サウンド部分を担当することは多いですが、

再生部分の実装はあまり行わないので

今回はFunction Libraryを使用して処理を書きます。

 

コンテンツブラウザを右クリック

Blueprints→Function Libraryを選択します。

 

作成したFunction Libraryを開き

PlayFootStepという関数を新規追加します。

 

処理の全体図です。

もう少し短縮できると思うのですが、

今回はこれで行きます。

f:id:MozPaca:20170130121846p:plain

 

引数にPawn OwnerというActor型の変数を用意しています。

引数から得たActorのLocationを取得し、足元の判定範囲を

Line Traceに流しています。

f:id:MozPaca:20170130121940p:plain

デバッグ用にLine Traceを視覚化しています。

 

そのLine TraceのHit判定を利用し、足元のPhysical Materialを検出します。

Physical Materialが検出できたら、ActorのRoot Conponentに

足音用のSound CueをAttachします。

f:id:MozPaca:20170130122541p:plain

 

Selectノードはひし形の部分を右クリックし、

Change Pin Typeを選択します。

f:id:MozPaca:20170130123107p:plain

 

ここでIntegerを選択して下さい。

f:id:MozPaca:20170130123159p:plain

 

すると上のスクリーンショットと同じ形になります。

f:id:MozPaca:20170130123227p:plain

 

AttachしたSound Cueの中にあるGround Typeを変更します。

その後Play Sound For Data TableでSound Cueを再生します。f:id:MozPaca:20170130122217p:plain

 

Play Sound For Data Tableについては

過去記事を参照してください。

mozpaca.hatenablog.com

 

これで実装部分の処理は完了です。

 

アニメーションの通知設定を行う

実装部分の処理は書いたので、

次は呼び出し処理の準備を行います。

 

Third Person Runというアニメーションを開いてください。

f:id:MozPaca:20170130123333p:plain

 

先ほどの関数の呼び出しには

Anim Notifyを使用します。

 

アニメーション中の足が丁度地面に着くぐらいの

ところにAdd Notify→New Notifyを選択し

FootStepという名前の通知を追加します。

f:id:MozPaca:20170130123523p:plain

 

通知が追加されると、こんな感じになると思います。

f:id:MozPaca:20170130123806p:plain

 

このアニメーションには2回足が地面に着くので、

もう一方の方にも通知を追加します。

f:id:MozPaca:20170130123912p:plain

 

呼び出し処理を書く

Third Person AnimBPを開いてください。

f:id:MozPaca:20170130124033p:plain

 

アニメーションブループリントの

イベントグラフにEvent AnimNotify_FootStepを追加します。

f:id:MozPaca:20170130124128p:plain

 

Event AnimNotify_FootStepが追加できたら、

作成した関数のPlayFootStepを呼び出します。

関数の引数には、Try Get Pawn Ownerから

取得できる情報を渡しましょう。

f:id:MozPaca:20170130124227p:plain

 

これでアニメーション通知を作成したところで

サウンドが再生されます。

 

確認してみる

Physical Materialを適応した箇所で

指定したサウンドがなっていると思います。

www.youtube.com

UE4 4.14.3でフリーズしてしまう対処法

私の環境ではUE4 4.14.3で

ブループリントエディタやスケルタルメッシュを開くと

必ずフリーズしていました。

 

フリーズはしないけど、UE4エディタを

軽くしたいという方はこちらを参考にしてください。

unrealengine.hatenablog.com

 

実際はある方に解決策を教えていただいたのですが、

いくつかの対策を試してみましたので、

物忘れの激しい私のメモとして書いておきたいと思います。

 

私の環境

MacBookboot camp windowsを入れて、使っています。

f:id:MozPaca:20170129235124p:plain

f:id:MozPaca:20170129235136p:plain

お世辞にもUE4を動かすのに適した環境とは言えませんが、

4.13より前は拡張機能設定がEpicでも普通に動いていました。

(FPSは落ちていましたが...)

 

DerviedDataCacheを削除してみる

詳しくはこちらをご覧ください。

unrealengine.hatenablog.com

 

フリーズし始めたころにboot camp

クリーンインストールしたばかりなので、

キャッシュは溜まっていなかったのですが

一応やってみました。

f:id:MozPaca:20170130000728p:plain

このDerivedDataCacheをフォルダごと削除します。

 

AppDataは隠しファイルになっています。

AppDataが見つからないという方は

エクスプローラーの表示から隠しファイルにチェックを

入れると見えるようになると思います。

f:id:MozPaca:20170130000849p:plain

 

IMEを切り替えてみる

Answer hubを漁っているとこのようなページを見つけました。

Microsoft IME 2010を使用しているとBlueprintのコンパイルが異常に遅くなる - UE4 AnswerHub

 

このページではフリーズするとは書いていないものの、

動作が全体的に遅くなるというのは、

共通してたので試してみました。

 

Microsoft IMEがアクティブだと重くなってしまうようなので、

その他のIMEを入れてみます。

 

英語キーボードの設定を行います。

Windowsの設定を開きます。

2段目の左から2個目の時刻と言語を選択します。

f:id:MozPaca:20170130002906p:plain

 

左側のタブから地域を言語を選択し、

右側の言語タブから言語を追加するを選択します。

f:id:MozPaca:20170130003006p:plain

 

Englishを選択します。

f:id:MozPaca:20170130003357p:plain

 

一番下にEnglish(United States)があるので

これを追加します。

f:id:MozPaca:20170130003437p:plain

 

これで、IMEを切り替えれば

英語キーボードになると思います。

 

当然日本語は打てなくなりますので、

日本語を使いたいという方は

英語キーボードではなくGoogle 日本語入力IME

おすすめします。

 

こちらのページからGoogle 日本語入力IMEをダウンロードしてください。

www.google.co.jp

 

それぞれの設定が終わったら、

Windowsキー + スペースキーでIMEの切り替えを行います。

 

UE4の起動中にIMEMicrosoft IMEに切り替えると、

フリーズしてしまうようなので要注意です。

 

まとめ

とりあえず、私の環境では

IME英語キーボードにすることで

フリーズを回避できています。

 

ただ、コメントなども英語でしか

打てなくなってしまっているので

早めに対策されることを願っています。

UE4 銃の弾が壁などに衝突した際の弾痕を実装する

現実の世界では銃弾が壁に当たると

ちょっと削れますよね?

 

今回はその弾痕の処理を実装します。

 

参考にしたサイトはこちら

gametukurikata.com

 

ベクトルの計算を使用していますが、

こちらのサイトに詳しく解説されています。

qiita.com

 

ではやっていきます。

 

準備

UE4 4.13.3を使用します。

f:id:MozPaca:20170128012413p:plain

 

FPSテンプレートでプロジェクトを作成してください。

f:id:MozPaca:20170128012508p:plain

 

使用する弾痕のテクスチャを用意します。

f:id:MozPaca:20170128073105p:plain

※256x256の.pngです。

 

テクスチャを用意したら、

プロジェクトにインポートしてください。

f:id:MozPaca:20170128073405p:plain

(鮮やかだなぁ...もっと暗い色にすればよかった)

 

必要なものを揃える

読み込んだテクスチャを右クリックします。

Sprite Actions→Create Spriteを選択してください。

f:id:MozPaca:20170128073505p:plain

 

Spriteが作成されます。

f:id:MozPaca:20170128073629p:plain

 

次に弾痕用のブループリントを作成します。

コンテンツブラウザを右クリック→Blueprint Classを選択します。

f:id:MozPaca:20170128073809p:plain

 

親クラスはActorを選択します。

f:id:MozPaca:20170128073916p:plain

 

作成したブループリントを開いてください。

f:id:MozPaca:20170128074001p:plain

 

まずはコンポーネントを追加します。

左上の方にあるAdd Componentから

Paper Spriteを追加してください。

f:id:MozPaca:20170128074137p:plain

(Spriteと入力して出てくる下の方です)

 

追加したPaper Spriteを選択し、

パラメータを変更していきます。

Source Spriteに先ほどインポートしたテクスチャを入れます。

f:id:MozPaca:20170128074322p:plain

 

少しテクスチャが大きいので、Scaleを0.1にします。

RotationのZ軸を90にします。

f:id:MozPaca:20170128074444p:plain

 

弾痕自体にはCollisionも不要なので

Block AllからNo Collisionに変更しておきます。

f:id:MozPaca:20170128074458p:plain

 

これで必要なものは揃いました。

 

処理を書く

まずは角度が取れているかを確認します。

FPSテンプレートに入っている

First Person Projectileを開いてください。

f:id:MozPaca:20170128074839p:plain

 

弾の衝突座標から衝突面に垂直な

長さ90のLine Traceを出します。

f:id:MozPaca:20170128074948p:plain

※確認用の処理です。弾痕を描画するだけなら、この処理は必要ありません。

 

このように衝突した平面から垂直なLine Traceが

確認できると思います。

www.youtube.com

 

次に描画するための処理を書いていきます。

先ほどのLine Traceの処理は削除しています。

f:id:MozPaca:20170128075441p:plain

Hit Locationから単に弾痕のブループリントを生成するだけでは、

オブジェクトにテクスチャが埋まってしまいます。

そこで、Hit Locationからカメラの向きベクトルを引くことで

少しだけ手前に生成しています。

 

RotationはLine Traceの処理で実装したVectorの処理を

Rotationで扱っているだけです。

 

これで一応描画はできるのですが、

弾痕がいつまでも残ってしまうので、

最後にBP_BreakEffectに処理を追加します。

f:id:MozPaca:20170128074001p:plain

 

これだけです。

生成されて5秒後に消える処理です。

f:id:MozPaca:20170128080007p:plain

 

以上で処理は終了です。

 

確認してみる

どの角度でも衝突相手の平面に張り付いて見えると思います。

www.youtube.com

 

※Spriteを少しいじったので

 上記の画像より暗く見えるのはそのためです。

 

余談

銃を連射しているのは前回のブログと

同じプロジェクトを使用しているからです。

参考までにどうぞ。

mozpaca.hatenablog.com

UE4 FPSテンプレートの銃を連射してみる

個人的な話になりますが、私は単発銃より

高レートで連射できる銃の方が好みです。

 

First Personテンプレートの銃...単発じゃないか!

 

というわけで、今回はあまり手間をかけずに

FPSテンプレートの銃を連射できるようにしたいと思います。

 

準備

今回はUE4 4.13.3を使用します。

f:id:MozPaca:20170128012413p:plain

 

適当なFPSテンプレートを作成してください。

f:id:MozPaca:20170128012508p:plain

 

処理を書く

First Person Character BPを開きます。

f:id:MozPaca:20170128012814p:plain

 

銃弾を生成する部分の全体図です。

f:id:MozPaca:20170128012917p:plain

コメントを消して、Touch関連のノードを削除していますが、

95%くらいテンプレートのままです。

 

変更した箇所を順番に見ていきます。

 

変数を一つ作成します。

f:id:MozPaca:20170128013201p:plain

銃のトリガーを引き継づけているかのフラグです。

 

InputAction Fireのすぐ隣にこのような処理を組みます。

一度Pressedに入るとReleasedに入るまで、

フラグをTrueのままにしておく処理です。

f:id:MozPaca:20170128013310p:plain

 

Branchの後には、テンプレートに最初から書かれている

Montage Play→Spawn Actor→Play Sound At Locationと

流れています。

 

Play Sound At LocationのあとにDelayを書きます。

このDelayは連射間隔を制御するものです。

0に近いほど高速で連射します。

f:id:MozPaca:20170128013612p:plain

Delayを最初の方に書いたBranchと繋げ

処理は完了です。

 

次に弾の方も少し変更したいと思います。

First Person Projectileを開いてください。

f:id:MozPaca:20170128013903p:plain

デフォルトでは弾が大きいので、

MeshのSphereをx,y,zすべて、

0.05にしました。

 

ブループリントはテンプレートに書かれている

Event HitとDestory Actor以外を削除し、

このように書いてください。

f:id:MozPaca:20170128014018p:plain

弾が何かに当たると当たった物のログを表示し、

消滅するという処理です。

 

以上で完成です。

 

挙動を見てみる

うまくいけばこのように、

少しの処理で連射できる銃を作成することができます。

www.youtube.com

※Meshの描画がおかしいのは気にしないでください。

私の環境の悲しみスペックPCはUE4を動かせるのか

前のブログにも書きましたが、

諸事情により今まで使っていたPCが

消滅しました。

 

このままではブログが書けない!

あと色々支障が出る!

ということで、諸事情の際に

売値がつかず放置していたPCを

クリーンインストールして使ってみます。

 

結論から言いますと動きませんでした。

それでも、もし動かせたら面白いよねとか思いながら、

スクショを撮ったので書くだけ書きます。

 

私のPCのスペック

公式が謳っている推奨スペックがこちら

f:id:MozPaca:20170124013538p:plain

 

そして私のPCのスペック

f:id:MozPaca:20170124012720p:plain

f:id:MozPaca:20170124012703p:plain

f:id:MozPaca:20170124012736p:plain

思わずため息が出ました。

 

まぁ今はこのPCしかないし...

頑張ってほしいところです。

 

UE4をインストールする

f:id:MozPaca:20170124013451p:plain

この画面を久しぶりに見た気がしました。

 

f:id:MozPaca:20170124013632p:plain

Launcherのインストール自体は割と早く終わりました。

この勢いに乗ってエンジンもサクッとインストールします。

 

しました。

f:id:MozPaca:20170124013716p:plain

2時間くらいかかりました。

 

UE4を立ち上げてみる

なんやかんやで、インストールも無事終わり、

立ち上げてみます。

f:id:MozPaca:20170124013931p:plain

遅いっ!

 

一人称視点のテンプレートを立ち上げました。

比較用に今のFPSを見たいと思います。

f:id:MozPaca:20170124014138p:plain

 

・・・ふむ

f:id:MozPaca:20170124014328p:plain

FPSが2しかありません。

初めて見た気すらします。

この段階で無理が見えてきました。

 

ひとまず、いろいろ軽量化を図ります。

f:id:MozPaca:20170124014546p:plain

拡張機能の設定がEpicになっていたので

これを低に落とします。

 

アンチエイリアスを切ります。

 

マテリアル品質レベルを下げます。

 

描画レベルをモバイル向けにします。

 

PCの解像度を多少下げます。

 

 

これでマシになっていることを祈りつつ、

再びFPSを確認します。

f:id:MozPaca:20170124014902p:plain

これは酷い・・・

 

まだ試していない軽量化がありますが、

PCがフリーズしたので、

ここで検証を終了します。

 

まとめ

・私のPCではUE4は動かない。

 

VRもやりたいので、

早急にVRReadyを確保する必要がありそうです。

・・・泣きそう。

グローバルゲームジャム2017に参加してきました。

こんばんわ。

UE4が動作するPCが諸事情により消滅し、

悲しみに打ちひしがれているMozPacaです。

 

GGJ2017参加してきました。

 

 

今年もバンタンゲームアカデミー大阪校の会場にお邪魔してました。

もう一つの大阪会場の変更などの原因で人が流れてきてたのか、

会場が50人以上の参加者でひしめいていました。

 

(HoloLens素敵でした。)

 

今回はチーム分けの段階で、ほとんどのチームが

VRゲームの開発を行うと言っていましたね。

(みんな機材持参でした。すごい!)

 

流石にVR以外のチームがあった方がいいのではということで、

Iチームのチームリーダーに立候補しました。

 

後々,チームメンバーに聞いてみたら全員が

VRがやりたかったという笑い話付き。

 

実際に作ったもの

バケモンです。バケモン。

ポ〇モンじゃないです。

β版と完成版の生放送で両方とも言い間違えたけど、

ポ〇モンじゃないです。

www.youtube.com

ルールとしては、

・マップ内を歩き回る。

・半透明の敵を見つける。

・バケモンボールをぶつける。

・敵がGET(消滅)できる。

・敵を9体GETできたらクリア。

という感じです。

 

レベルデザイン頑張ってますね。

(私はやってない)

マップだけみたら普通にゲームです。

 

バケモンボールも思った以上に飛ばしやすいです。

(私はやってない)

 

AIもマップ内を自由に歩き回るので、なかなか楽しめます。

(私はやってない)

 

タイトル画面のロゴとか完璧ですよね。

(私はやってない)

 

Widgetもシンプルでいい感じです。

(私はやってない)

 

お前なにやってんだよ

・・・音周りやりました。

敵に音を適応し忘れるガバガバ作業です。

本当にすいませんでした。

 

それは置いといて

GGJの参加は2回目なのですが、

去年に比べたら私も仕事してるフリが

うまくなったのを実感しています。

 

来年こそはバリバリできる人になりたい。

 

3日間お疲れさまでした。

来年もよろしくお願いします。

UE4 多分一番簡単なヒットエフェクトの作り方

去年あたりからゲームジャムによく参加している気がします。

その際に有料アセットでは雰囲気に合わず、

自分で作るにも時間がかかりそうということがよくあります。

 

そんなときに私が手抜きでつくるパーティクルのメモです。

 

4.13.2で作成していきます。

f:id:MozPaca:20161206120603p:plain

 

補足

今回はStarter ContentsのAssetを使用します。

既存プロジェクトなどでStarter Contentsを入れていないという方は

左下のAdd NewからAdd Feature or Content Packを選択してください。

f:id:MozPaca:20161218205118p:plain

 

次にContents PacksタブからStarter Contentsを選択後、

Add to Projectをクリックしてください。

f:id:MozPaca:20161218205249p:plain

これで現在のプロジェクトにStarter Contentsが導入されます。

 

準備

このプロジェクトでは、FPSテンプレートを使用しています。

FPSテンプレートでなくても全然問題ないです。

f:id:MozPaca:20161218204620p:plain

 

今回はこのテクスチャを使用します。

Starter Contents→Textures→T_Spark_Core

f:id:MozPaca:20161218205602p:plain

Starter ContentsのSparkパーティクルに使用されているテクスチャです。

 

 マテリアルを作成する

先ほどのT_Spark_Coreを使用してマテリアルを作成します。

右クリック→Materialを選択します。

f:id:MozPaca:20161218210546p:plain

 

マテリアルに適当な名前を付けましょう。

f:id:MozPaca:20161218210744p:plain

 

作成したマテリアルを開き、

Blend ModeをAdditive

Shading ModelをUnlitにします。

f:id:MozPaca:20161218210759p:plain

 

Texture SampleノードにT_Spark_Coreを割り当て、

Particle Colorと乗算しつつ、このようにつなげます。

f:id:MozPaca:20161218210910p:plain

マテリアルはこれで完成です。

 

パーティクルを作成する

次にパーティクルの作成を行います。

右クリック→Particle Systemを選択します。

f:id:MozPaca:20161218211132p:plain

 

名前は適当に。

f:id:MozPaca:20161218211355p:plain

 

作成したパーティクルを開いてください。

初期の状態ではこのようになっていると思います。

f:id:MozPaca:20161218211446p:plain

 

パラメータを編集する

右側のパラメータを編集します。

Initial Velocityを削除し、

Initial Rotation、Light、Size By Lifeを追加しましょう。

f:id:MozPaca:20161218211520p:plain

 

Requiredを選択し、先ほどを作成したマテリアルを選択します。

f:id:MozPaca:20161218211833p:plain

 

Emitter Loopsを0から1に変更します。

f:id:MozPaca:20161218211704p:plain

 

次にSpawnパラメータを編集します。

Rateを大体300前後にします。

実際に動かしてからまた微調整するので、少し大きくします。

f:id:MozPaca:20161218211753p:plain

 

Life Timeパラメータの編集をします。

min 0.05秒、max 0.1秒に設定します。

f:id:MozPaca:20161218212313p:plain

 

最後にInitial Sizeパラメータの設定をします。

大きさは1000にしました。(画像は100ですが)

今回は分かりやすくするために大きくしましたが、

通常であれば300ほどで十分だと思います。

f:id:MozPaca:20161218212452p:plain

あとは、環境に合わせてパラメータを変更してください。

また、Color Over Lifeのパラメータを変更することで、

パーティクルの色を変えることも可能です。

 

パーティクルを発生させる

とりあえず、弾が何かにぶつかった際に発生させようと思います。

FirstPersonBP→First Person Projectileを開いてください。

f:id:MozPaca:20161218212730p:plain

 

Event HitからSpawn Emitter at Locationで

先程作成した、パーティクルを発生させます。

f:id:MozPaca:20161218213018p:plain

 

見てみる

全体的にパーティクルパラメータを微調整しています。

www.youtube.com